>

荷物の情報を知ろう

ガラス製品や陶器製品を運ぶ

壊れやすいものを、宅配で送る人も見られます。
その際は用紙に割れ物注意と記載するので、運ぶ時に確認してください。
そのようなことが書かれていたら、特に慎重に扱わなければいけません。
もし運んでいる最中に中身が壊れたら、弁償する事態にまで発展するかもしれません。
当然お客さんは起こって、2度と利用してくれなくなるでしょう。

トラブルが絶対に起こらないよう、丁寧に荷物を運ぶことを意識してください。
トラックに詰め込む時に、乱暴に投げ入れると衝撃で中身が壊れます。
ゆっくり置けば大丈夫でしょう。
早く荷物を届けると意気込むのは良いですが、荷物の扱いが乱暴にならないよう注意してください。
用紙に記載されている情報を読み取って、荷物を守りましょう。

2度手間にならないように

留守の時に荷物を持って行っても、受け取ってもらえません。
ポストに不在票をいれて、連絡をもらったら再び宅配しに行かなければいけません。
何度も同じ家に行くのは、面倒ですよね。
余計な手間を削減するために、荷物を送る時間が指定されていないか確認してください。
荷物の情報が書かれている用紙に、希望の配達時間も記載されていることが多いです。

午後が良いと書かれていたら。必ずその時間に持って行きましょう。
わざわざ指定しているということは、その時間なら確実に家にいるという証拠です。
荷物を受け取ってもらえるので、手間を省けます。
まずはそれぞれの希望の配達時間を確認してから、どの順番で行けば良いのかルートを決めてください。


この記事をシェアする